イメージ画像

自分の目的をできるだけ明確にしておく

ここ

どこの教室も一杯というわけではないにしても、ショッピングセンターの一角で運営されているようなパソコン教室でも、いまでは中高年の方を中心に生徒さんであふれている様子を目にすることがあります。


それほどパソコンを必要に迫られて習得しているというよりは、趣味程度の利用であってもやはり人に聞くよりもしっかりとお金を払って教室に行こうと思っている人が少なくないのかもしれません。


単純に考えると、どこの教室に行っても差がないような気がするのですが、実際にはパソコン教室は選び方次第で自分の上達の度合いも異なってきます。


可能であれば、教室を探しているときには「自分は何のために通うのか」という目的をはっきりさせておくとよいと思います。 ただ漠然と「パソコンができるようになりたい」というものではなく、「文章を作成できるようになりたい」、「簡単な表を作成したい」、「メールを使いこなしたい」など、何のために、そして何を習得したいのかがはっきりしていれば、その目的を達成するために助けとなるような場所を選ぶことができます。


もしパソコンに関連した資格取得を視野に入れている場合には、無料体験などの際にそのことをはっきりとお知らせして、その資格取得に助けとなるかどうかを確認してください。


できれば複数のパソコン教室に出向いて見学してから決めるとよいのですが、とにかく直感のようなものを信じて飛び込むこともできると思います。


特定のインストラクターが気に入って通い始めるケースもあると思います。 たしかに素晴らしいきっかけと出会いになりますが、なかにはアルバイトやパートの形態で雇われており、すぐにいなくなってしまう可能性もあるので注意してください。


他の習い事にも共通して言えることですが、思い立ったならすぐに行動したほうがよい結果が出やすいと思います。 勢いで申し込むこともできますが、そのような中であっても見極めるべき点をしっかりと確認して、せっかくの時間と資金を使うわけですからよい選択ができるように心がけましょう。 半年後の上達が楽しみです。

このページの先頭へ